債務整理取扱説明書

借金を打ち明けるタイミングはいつがいい?話す相手ごとに解説

借金を抱えている人にとって、身近な人に借金を打ち明けるかどうかは悩ましいところでしょう。

ここでは、彼氏や彼女、夫や妻、両親といった相手ごとに、借金を打ち明けるタイミングはいつがいいのかを考えていきます。

彼氏や彼女に借金を打ち明けるのは返済のメドが立ったとき

付き合っている彼氏や彼女に借金のことを打ち明けるのは、返済のメドが立ったときがよいでしょう。

借金をしている理由を説明し、もう返済計画がきちんとできていること、返済方法がはっきりしていることを伝えるのが大切です。

また、借金をしている状態で結婚話が出ることもあるでしょう。

結婚してから借金のことがバレると後々面倒なことになるので、結婚の話が出たら借金のことは打ち明けてしまった方がよいと考えられます。

その際、結婚までに借金を片付けられるということをしっかり説明する必要があります。

返済が苦しい場合には、債務整理を利用することも視野に入れましょう。

夫や妻に借金を打ち明けるのも返済のメドが立ったとき

夫や妻に対して借金のことを打ち明けるのも、返済のメドが立ったときが理想です。

子どもがいる夫婦の場合は、借金の話をするのは子どもがいないタイミングを見計らったほうがよいでしょう。

この場合も、借金をした理由や返済計画についてきちんと説明し、必要があれば債務整理を行って借金を片付けることが大切です。

両親には必ずしも借金を打ち明ける必要はない

両親に対しては、必ずしも借金を打ち明けたほうがいいわけではありません。

単純に親の怒りを買うだけになってしまう場合や、逆に心配をかけすぎてしまう場合もありますので、親に借金を打ち明けるとしたら、問題が全部片付いた後の事後報告としてでも十分でしょう。

まとめ

彼氏や彼女に借金のことを打ち明ける場合は、返済のメドが立ったときにしましょう。

また、結婚の話が出た場合は、実際に結婚する前に借金問題を片付けてしまうことが理想です。

借金のことを打ち明けるときは、借金をした理由をきちんと説明し、返済計画がしっかり立ててあることを伝えて安心してもらえるようにしましょう。

場合によっては債務整理を利用することも有効です。

夫や妻に借金を打ち明ける場合は、上記の注意点に加えて、子どもがいないタイミングを選ぶようにしましょう。

両親に対しては、必ずしも借金のことを打ち明ける必要はありません。

打ち明けるとしたら、借金が片付いた後の事後報告としてで十分でしょう。