債務整理取扱説明書

債務整理ってどういう意味?借金とどんな関係があるの?

必ず返せると思って借金をしたものの、実際に返してみたら思ったより返済が進まず、「このままでは生活に支障が出る……」と悩んでしまう人は少なからずいます。

債務整理とは、返しきれなくなってしまった借金を合法的に減額してもらったり、なくしてもらったりできる手続きのことを意味しています。

ここでは、債務整理をするとどのような意味があるのかを、手続の種類ごとに説明していきます。

任意整理をする意味とは?少ないデメリットで借金を減らせる債務整理

債務整理の中には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」といった手続きの種類があり、それぞれメリットとデメリットが異なっています。

任意整理は最も人気のある債務整理で、弁護士や司法書士に依頼してあなたの代理人となってもらい、お金を借りた会社との交渉を通して、利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長(60回払い程度)を認めてもらうことが可能です。

任意整理の場合、弁護士などに依頼した後は本人がやらなければならないことがほとんどありません。

個人再生をする意味とは?自宅を残して元本を大幅に減額できる債務整理

個人再生は裁判所に申し立てて借金の元本を5分の1程度に減額してもらい、3~5年かけて返済していく形の債務整理です。

個人再生には「住宅ローン特則」という制度があり、それを利用すればローン完済前の家を手放さずに借金を減額してもらうことが可能です。

ただし、個人再生は裁判所を通す手続きなので、保証人付きの借金がある人は保証人に迷惑がかかるというデメリットがあります。

自己破産をする意味とは?借金そのものをなくしてもらえる債務整理

自己破産は債務整理の中でも最強と言える手続きで、財産を処分する代わりに借金をほぼすべて無くしてもらうことができます。

財産を処分するとはいっても、99万円以下の現金と生活に必要な家具や家電などは残すことが認められているので、一文無しになることはありません。

仙台にお住まいで自己破産をお考えなら

まとめ

債務整理とは借金を減額または返済免除としてもらえる合法的な手続きのことを意味しています。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、任意整理では利息・遅延損害金の全額カットや返済期間の延長、個人再生では元本の大幅な減額、自己破産では借金の返済義務自体の免除といったメリットが受けられます。

ただし、手続の種類に応じてデメリットも伴うため、あなたに合った債務整理を選ぶことが大切です。