債務整理取扱説明書

借金をうまく返すためのコツはたった2つ!

最近では、銀行カードローンやクレジットカードのキャッシング枠、消費者金融のキャッシングなどで手軽に借金ができるようになりました。

そのため、返せると思って借金をしたものの、思うように返済が進まなくて困ってしまう人も少なからずいます。

ここでは、借金をうまく返すために覚えておきたい2つのコツを紹介していきます。

借金をうまく返すためには最低返済額以上の金額を返済することが大切

借金をすると、お金を借りた会社から「毎月最低でも〇〇円は返済してください」という最低返済額が決められます。

借金の返済が思うように進まない人の多くは、最低返済額のみの返済を毎月続けてしまっています。

実は、最低返済額のみの返済を続けていると、返済額の大部分が利息の支払いで消えてしまい、元本があまり減らないという状況が続くことになります。

例えば、三井住友銀行カードローンで50万円を借りた場合、最低返済額は1万円ですが、1万円のうち5000円程度は利息の返済に充てられます。

つまり、1万円返済しても借金は5000円程度しか減らないのです。

銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠、消費者金融のキャッシングといった借金は利息が高いので、最低返済額のみの返済をしていると、延々と利息を払い続けることになってしまいます。

ですので、借金をうまく返すには、可能な限り最低返済額よりも多くの金額を返済できるようにするのがコツです。

借金をうまく返すには収入を増やすか支出を減らす必要がある

最低返済額よりも多くの金額を返済するには、収入を増やすか支出を減らしてお金の余裕を作る必要があります。

収入を増やすのは簡単ではありませんが、方法の一つとして副業を始めるという手があります。

最近ではクラウドワークス(https://crowdworks.jp/)などのマッチングサイトを利用して手軽に副業ができるようになっています。

また、支出を減らすという面では、家計簿をつけて支出の無駄が見えるようにすることや、コンビニよりもスーパーを利用して余計な支出を減らすこと、スマホ代などの固定費を見直すことなどが有効です。

まとめ

借金をうまく返すコツは、まず最低返済額よりも多くの金額を返済することです。

最低返済額しか返済しないでいると、返済額の大部分が利息の支払いで消えてしまいます。

より多くの金額を返済することで、元本を減らすことができるのです。

そのためには、収入を増やすか支出を減らしてお金の余裕を作る必要があります。

クラウドワークスなどで副業を始めたり、家計簿をつける、コンビニよりもスーパーを利用する、固定費を見直すといった方法で節約をしたりすれば、お金に余裕ができるでしょう。