債務整理取扱説明書

親バレしないように借金を完済する方法

借金の返済が終わらなくて悩んでいるという人の中には、親バレしないように借金問題を解決したいという人も多くいるでしょう。
親バレしないように借金問題を解決するには、親と別居しているか、同居しているかがキーポイントとなってきます。
ここでは、親と別居している場合と同居している場合に分けて、親バレを防ぎながら借金を完済する方法を説明していきます。

親と別居の人が親バレしないように借金を完済する方法

借金を返しきれずに困っている場合、国が認めた正式な借金減額の方法である「債務整理」を活用するのがよいでしょう。
債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うことになるので、特別な知識などは必要になりません。
債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類がありますが、親と別居している場合はどれを選んでも親バレする確率はかなり低いです。
ただし、親が保証人になっている借金がある人は、個人再生や自己破産をすると親に請求が行って借金が親バレしてしまいますので、任意整理を選ぶようにしましょう。
任意整理なら整理の対象とする借金を自由に選べるので、親が保証人となっている借金を対象から外せば、問題なく借金を整理できます。

親と同居している人が親バレしないように借金を完済する方法

債務整理の中でも、個人再生と自己破産では同居している家族の収入がわかる書類が必要になります。
そのため、親と同居している人が親バレしないように個人再生や自己破産をするのは難しいといえます。
このような場合は、任意整理を選ぶのがよいでしょう。
任意整理であれば、同居している家族の収入がわかる書類は必要にならないため、親バレを防ぎながら借金を整理できます。

まとめ

親と別居している人の場合、親が借金の保証人になっていなければ、どの債務整理を選んでも親バレする可能性は低いです。
親が借金の保証人になっている場合は、個人再生や自己破産をすると親に請求が行ってしまうので、任意整理を選んで保証人付きの借金を対象から外すようにしましょう。
親と同居している人の場合、個人再生や自己破産を選ぶと同居している家族の収入がわかる書類が必要になるため、書類を用意するときに親バレする危険があります。
この場合も任意整理であれば同居の家族の収入がわかる書類が必要にならないので、親バレを防ぎながら借金を整理できます。