債務整理取扱説明書

借金すると運気は上がる?それとも下がる?

借金と運気の関係について調べたことがある人は、借金すると運気が上がるという話も、借金すると運気が下がるという話も聞いたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、借金すると運気は上がるのか下がるのかということを考えていきます。

借金すると運気が上がるという話はある

借金すると運気が上がるという話は確かにあります。

まず、借金はどちらかというと「悪いこと」であるため、借金をする羽目になったこと自体は運気が下がったことを意味しているのですが、下がった運気は上がるものであるということから、借金をした後は運気が上がるという考え方ができます。

また、借金をしている人は人よりつらい経験をしていることが多いので、人に優しくすることができて人脈に関する運気が上がる、お金に敏感になるので金運や仕事運が上がる、といった可能性もあります。

借金すると運気が下がるという話を考える

逆に、借金をすると運気が下がるという話もあります。

借金をすると返済に意識が向くのでマイナスの考えで頭がいっぱいになってしまう、金利18%などの高い利息を支払うことになるので金銭的にも精神的にも負担がかかる、といったことが、借金で運気が下がる理由と考えられています。

借金していても運気は上げられる

借金をしている状態でも、自分の努力で運気を上げる方法はあります。

友達から借りた小銭のような小さな借金を丁寧に返す、財布の中に余計なもの入れずスッキリさせておく、お札の向きや種類を揃える、トイレや玄関をこまめに掃除するといったことで、借金があっても運気を上げることは可能です。

また、抱えている借金自体についても、繰り上げ返済ができるように仕事や節約を頑張って全力で返済していけば、運気は上がっていきます。

まとめ

借金すると一度は運気が下がるものの、下がった運気は上がるものだから借金すると運気が上がるという話がある一方で、借金すると返済で頭がいっぱいになったり、金銭的・精神的な負担がかかったりして運気が下がるという話もあります。

しかし、どちらにせよ、運気は自分の力で上げることが可能です。

お金を大切に扱うことや、財布の中を整理整頓すること、トイレや玄関をきれいに保つことなど、細かいことを大事にしていけば運気は上がります。

そして何より、仕事や節約を頑張って借金の返済を早くすることで、運気を上げることができるのです。