債務整理取扱説明書

債務整理で弁護士費用が払えない場合は法テラスを利用しよう!

借金の返済が苦しくなってしまった人にとって、債務整理を行ってくれる弁護士は心強い味方です。

しかし、債務整理を行うにも費用は必要ですので、お金が足りなくて費用が払えないという人にとってはかなり切実な問題だと思います。

ここでは、債務整理をしたくてもお金がないという人に知ってほしい「法テラス」について説明していきます。

債務整理するには弁護士費用はどのくらいかかる?

まず、債務整理をするための弁護士費用がどのくらいかかるのかを見ていきましょう。

任意整理の場合、着手金が借金の借入先1社につき3万円程度と、成功報酬として減額できた借金額の1割程度を支払うパターンが多くなっています。

個人再生の場合、弁護士費用として50万円程度がかかるほか、裁判所に支払う予納金などでさらに20万円程度が必要になります。

自己破産には弁護士費用が30万円程度かかりますが、さらに少額管財だと20万円程度、管財事件だと30万円程度の裁判所費用も必要です。

債務整理したくても弁護士費用が払えない人は法テラスに行こう

法テラスとは、お金がない人に対して無料法律相談や弁護士費用の立て替えといったサービスを提供している国の法人です。

債務整理をしたくても弁護士費用が払えないという人は、法テラスに相談して債務整理をすることになれば、弁護士費用を割安で分割払いにしてもらうことができます。

法テラスは各都道府県に1か所以上ありますので、まずは最寄りの法テラスに電話をかけて無料法律相談の予約を取り、住民票や給与明細などの必要書類を用意して、無料法律相談に行きましょう。

債務整理費用の立て替えは、無料法律相談で債務整理が必要だということになったらサービスを受けることができます。

なお、法テラスを利用できるのは、目安として1人暮らしの場合で月収18万円以下・財産が180万円以下の人です。

まとめ

債務整理をするには、任意整理で着手金3万円+成功報酬、個人再生で50万円程度、自己破産で30万円~70万円程度の費用がかかります。

債務整理をしたくても弁護士費用が払えないという人は、国の法人である法テラスに相談しましょう。

法テラスで無料法律相談をしてもらい、債務整理が必要だということになれば、弁護士費用を割安で分割払いにしてもらうことが可能です。

法テラスを利用するには、電話で無料法律相談の予約を取り、提出書類を集める必要があります。

なお、法テラスが利用できるのは月収18万円以下・財産180万円以下(1人暮らしの場合)の人です。