債務整理取扱説明書

借金の影響が家族に及ぶのはどんなとき?

借金を抱えている人にとって、家族に影響が出ないかどうかはかなり気になるところだと思います。
結論から言うと、家族が借金の保証人になっていない限り、家族に直接的に借金の影響が及ぶことはありません。
ただし、借金返済という出費が間接的に家計を圧迫するというのはよくあることなので注意が必要です。

家族が保証人になっている場合は借金の影響に注意

借金による家族への影響を最も気にしなければならないのは、家族が借金の保証人になっている場合です。
保証人付きの借金は、本人が死亡したり債務整理を行ったりした場合、保証人となっている家族が肩代わりして一括返済することになってしまいます。
特に、債務整理の中でも個人再生や自己破産を選ぶ場合は、保証人付きの借金だけ対象から外すといったことができないので注意する必要があります。

借金を債務整理した影響で家族に発生するデメリットとは?

上述した保証人のケースを除くと、債務整理の影響で家族にデメリットが発生する場面というのは限られています。
債務整理をすると本人はブラックリスト状態になり、クレジットカードが利用停止になる、新規に借金ができなくなる、分割払いができなくなる、といった制限を受けますが、この制限はあくまで本人のみが対象であり、家族には関係ありません。
また、自己破産すると本人の財産はすべて処分されることになりますが、家族の財産まで処分されるということにはなりません。
ただし、本人名義の家や車も処分されることになるため、引っ越しせざるを得なくなったり車が使えなくなったりするデメリットはあります。
しかし、借金の返済によって家計が圧迫されるという影響は確実にあるので、返済が苦しいと感じたら債務整理を検討するのも手でしょう。

まとめ

借金の影響が家族に最も強く及ぶのは、家族が借金の保証人になっている場合です。
保証人付きの借金がある場合、債務整理の対象としたり本人が死亡したりしたときに、家族が肩代わりして一括返済する義務を負わされます。
それ以外の場合では、自己破産をすることで本人名義の家や車が処分された場合などで家族の生活に影響が出ることがあります。
ちなみに、ブラックリストは本人のみを対象とする制限なので、家族に影響はありません。
ですので、借金返済によって家計に悪影響が出ているような場合には、債務整理を検討するのも一つの方法だといえます。