債務整理取扱説明書

自己破産とは?借金そのものをなくせる最強の債務整理

借金と一言で言っても金額や事情は人によってさまざまですが、本当に多額の借金を抱えてしまったり、収入が少なすぎて返済のめどがまったく立たなかったりする場合には、自己破産をすることで返済義務を免除してもらえます。
ここでは、自己破産とはどのような仕組みで借金の返済義務をなくしてもらえるものなのかに加えて、自己破産の条件や自己破産する方法について説明していきます。

自己破産とは?どのようにして借金をなくすことができるのか

自己破産とは、裁判所に申し立てて財産を処分する代わりに、借金などの支払義務を免除してもらうことができる債務整理の手続きです。
自己破産では家・土地・自動車・退職金見込額・保険の解約払戻金といった財産が処分されることになりますが、99万円以下の現金や生活必需品(家具・家電・衣類・寝具等)は「自由財産」として残せるので、一文無しになって生活に困るといったことはありません。

自己破産できる人の条件とは?

自己破産ができるのは、自力で借金を返済するのがとても無理であり、任意整理や個人再生といった他の債務整理では借金問題を解決することが不可能な人です。
例えば、会社をクビになってしまって収入がまったくないけれども借金が100万円あってとても返済できない、といった場合や、事業に失敗して5000万円を越える借金を背負ってしまったという場合などに、自己破産が認められる可能性があります。

自己破産する方法とは?

自己破産をしたい場合、弁護士や司法書士に依頼することがほとんどです。
依頼を受けた弁護士などが必要な書類を教えてくれるので、まずは書類を集めて裁判所への申し立てをしてもらいます。
自己破産の手続きは3種類あるのですが、ほとんどの人が取る「同時廃止」という手続きでは、申し立ての後で1回裁判所へ出向いて面接を行うことになります。
財産がある人などがとる「少額管財」や「管財事件」ではもう少し手続きが長くなりますが、ほとんどのことは弁護士などが行ってくれます。

まとめ

自己破産では、財産を処分する代わりに借金などの支払義務を免除してもらえます。
ただし、99万円以下の現金と生活必需品は、「自由財産」として残すことが可能です。
なお、自己破産ができるのは、他の債務整理では解決できない借金問題を抱えている人です。
実際に自己破産をする場合は、法律事務所で弁護士などに依頼して、手続きを行ってもらうことがほとんどです。

西宮で自己破産に強い弁護士はこちら