債務整理取扱説明書

債務整理するとアパート契約が難しくなるって本当?

債務整理をすると借金を減らせる反面、デメリットもいくつかあるため、債務整理をするとアパート契約が難しくなるのではないかという不安を抱く人もいます。

しかし、実際には債務整理をしたからといってアパートを追い出されたり、新規でアパート契約ができなくなったりするわけではありません。

ただし、債務整理の後はアパート契約で注意しておいたほうがいいことがあります。

債務整理後のアパート契約更新で注意しておきたいこと

債務整理をすると、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年の間、信用所法機関に情報が登録されてブラックリスト状態になるため、クレジットカードが使えなくなります。

家賃の支払いをクレジットカードで行っている人は、債務整理後に支払いが滞らないよう、口座引き落としなど別の支払方法に変更する必要があります。

家賃の支払方法がクレジットカード払いしかない場合は、不動産会社や大家と協議して別の支払方法を認めてもらわなければなりません。

なお、それまで家賃を支払えていたのであれば、クレジットカード払いができなくなったからといって強制解約になることはありません。

債務整理後の新規アパート契約で注意したいこと

債務整理でブラックリストに載ると、信販系と呼ばれる家賃保証会社が利用しづらくなるといわれています。

信販系の家賃保証会社とは、アプラスやライフ、オリコのように、保証会社としての事業と同時にクレジットカード事業などを行っている会社をさします。

信販系の家賃保証会社は信用情報機関の情報を見ることができるため、ブラックリストに載っている人は信販系の家賃保証会社の審査に落ちやすくなってしまうのです。

もし、信販系の家賃保証会社の審査で落とされてしまう場合は、不動産会社などに相談して信販系以外の家賃保証会社を紹介してもらいましょう。

まとめ

債務整理をすると、任意整理なら約5年、個人再生や自己破産なら約5~10年の間、ブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなります。

そのため、それまで家賃をクレジットカード払いにしていた場合は、不動産会社や大家と相談して別の支払方法を認めてもらう必要があります。

また、ブラックリストに載ると信販系の家賃保証会社の審査に落ちやすくなるといわれているため、新規でアパート契約をする際に審査に落ちてしまった場合は、信販系以外の家賃保証会社を利用できないか不動産会社などに相談するとよいでしょう。